スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「茶」

夜、寝床に入るとようやく、「本日の営業終了」、
店先のシャッターをがらがらと下ろす気分です。

それからスタンドの灯りで本を読むのがうれしい時間。
「治りませんように」、「悩む力」(どちらも斉藤道雄著)ときて、
次は、「日本の名随筆 茶」(中里恒子編)。

茶

初版は1984年、モダンでシブい装丁です。
「茶」の他に「旅」「花」「鳥」「嘘」などなど全50巻。
一冊ごとに漢字一字をテーマに、
30~40人の名だたる作家、詩人、随筆家が短い文章を寄せています。

20年ほど前にそのうちの「茶」だけを読み、
とても印象深かったのですが、
お茶関係の仕事をする人に進呈してしまった。

その後、この本のことはたまに思い出せど
本屋で見る機会がなかったのですが、
先日たまたま入ったCAFEの古本コーナーで見つけ、
再会を喜んだ次第。


住宅設計工房OAKS 

2010.07.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。