スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

二条城で能

二条城二の丸御殿の台所で、能「忠度」を観た。

能を(自発的に)観るのは二度目。
知識は全然ないし、またしても途中でこっくりやってしまったが、
それでも、よかった。

舞台はスポットライトに照らされているけど、
隅の方は、闇だ。
地謡や囃子は異界のものを呼ぶよう。

400年という建物がもつ時間と相まって、
平忠度の亡霊をリアルに感じる。

旅の僧が登場する際の、横顔の端正なこと。
忠度の化身である老人が退場するときは、
人間の体の重量感がなくなって、本当にふっと消えてしまいそうに感じた。

これは、また行きたい。


2013.09.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。