スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

浮世絵

週末は、次男の遊び仲間やその家族をよんで、庭でBBQ。
明るいうちから炭火で焼鳥にビール、たまらない解放感です。

息子のリクエストにより、釜飯も一升炊いて。
ちょっと火が強すぎて焦げたけど、おいしかった。

食後は、5人の男の子たちは花火をしたり
火で遊んだり、アイスも食べ放題。
子どもたちが楽しそうなのを見ると、こちらもうれしくなる。


日曜日は、子どもたちがお世話になっている「数理言語教室ば」のイベント、
「浮世絵講座」に参加させてもらいました。

uki-240x240.jpg

浮世絵コレクターで、
各地で浮世絵の展覧会や勉強会を主催されているS先生ご夫妻による講座。

江戸の歴史・文化との関わりや、19世紀西洋絵画の印象派に与えた影響など、
町民文化の華・浮世絵らしい、ゆるい語り口で解説してくださいました。

語りはゆるく気楽な雰囲気ですが、
身銭を切って(下世話で失礼)浮世絵を収集されているマニアの迫力と、
歴史との関わりから研究されてきた学問的な裏づけが相まって、興味深いお話でした。

浮世絵の実物もたくさん見せていただきました。
ガラス越しではなく、ナマで見るのは初めて。
しかも、この手で触らせもらって。

間近で色々な角度から見るからこそ、
女形の白い襟に文様が浮き出ている「空摺り」が見えたり、
真っ黒だと思っていた着物が、斜めからだと光沢のある文様(艶摺り)が見えたり、
粋な仕掛けを発見できる。

下の写真は、たぬきの布団干し。
動物が描かれた浮世絵が残っているのは珍しいそうで、レア物とのこと。

20120520浮世絵


それにしても、西洋の画家たちをも仰天させたデザイン力に驚きました。
歌舞伎役者のふっさふさの髪を、0.1mmの線で表現する、彫師の技術力にも。

色満載、柄on柄、の気合あふれる江戸の町民ファッション。
自分のユニクロのシャツが、非常につまらなく感じました。


住宅設計工房OAKS 

2012.05.21 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

ユニクロは服屋じゃないと常々から思っていました(笑
気合あふれる人を包み飾る洋服は,やっぱり選ばれたものでないと!!

2012/05/22 (火) 00:51:09 | URL | 服屋 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

突っ込まれるとは思っていたけど…(笑
ユニクロは服屋じゃないの??
涼しくて着やすいのですけどね。(今も着てるし)

2012/05/22 (火) 09:36:35 | URL | k.watanabe #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。