スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

カメラ

月イチの、カメラ講座。

参加者は私含めほとんどが初心者のママさん。
課題に沿って撮ってきた写真を、
みんなで見ながら先生が解説する。

人それぞれ写真にクセがあり、個性が出るのを見るのがおもしろい。
それに対する先生の寸評もまた絶妙で、
私は寄席に行ってるのかというくらい、
時間の2/3くらいは笑っている、そんな講座。

さて次回のテーマを決める段になり、
「花」とか「接写」とか「子ども」とか、いろんな意見が賑やかに出たが、
先生が最後に一刀両断で、次回は「夫」にしましょう!

みんないっぺんにうろたえ、複雑な顔になった。
先生、テーマ振りが鋭すぎる。

20120418camera.jpg


住宅設計工房OAKS 


2012.04.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

せつない

>みんないっぺんにうろたえ、複雑な顔になった。

 表現が写実的で、言葉による写真のようですね。笑顔で受け流せない純なもの真剣なものが浮かんだのでしょうか。

 写真の面白さ、私は「頭で」見てしまって見落としているものを見せつけてくれるところにあると思っています。

 妻たちにとっての夫への思い、茶化されたり後回しにされたり忘れられたりして、正面から扱われにくいものに、向き合うことを強いられたら。
 
 自分の人生もうつしだされしまうかも。

次回の講座は 

>時間の2/3くらいは笑っている

とはならない、ときに涙も混じるでしょうか。
 
 私が(自分にしては)いいカメラを買ったのも子どもや景色を撮るためでなく、妻を撮るためでした。宝物のような写真がたくさんあります。誰にも見せない写真が。

2012/04/20 (金) 07:16:15 | URL | tanaka #N20eO.hU [ 編集 ]

Re: せつない

習性で笑顔は浮かべつつ、それでは隠しきれないもの、他のテーマでは出てこないだろう表情がありました。


> 正面から扱われにくいものに、向き合うことを強いられたら。
>  
>  自分の人生もうつしだされしまうかも。


そうですね。
今回は、なかなか撮れないのです。


tanakaさんの写真を思うと、せつない。
その一語が抱えるいろいろな思いを考えると、さらに。 

2012/04/20 (金) 10:46:54 | URL | k.watanabe #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。