スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

鴨居

建築の雑誌を読んでいて、
<鴨居の「鴨」とは>というコラムが面白かった。
いわく、

鴨居は「上居(かみい)」が転じたもの。
敷居は「下居」→水鳥の「鴫(しぎ)」→転じて、「敷居」となった。
なぜ、水鳥の鴨と鴫が当てられたのか。

木造の日本建築で一番恐れられたのは、火災。
火災予防のまじない的に、建物のさまざまなところに
水にまつわる言葉、モチーフが使われた。

例えば、
古い土蔵の妻面によくある、丸に水。
それから、軒丸瓦に使われる「三つ巴(ともえ)」のモチーフ。
巴は、渦を巻く水を表す。
名古屋城で知られる鯱(しゃちほこ)は、
大海の水を飲み干し、
非常の場合にこれを吐き出して身を守るとされることから、
屋根の上に飾られるようになったらしい。

古いお寺へ行くことがあったら
「水」探し、面白そうです。


住宅設計工房OAKS 

2011.11.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。