スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ガープの世界

「The World According To Garp」、読了。
途中からはまリました。

life とdeath がキンキラの紐に数珠つなぎにされ、
それが何本もからまってギュッと詰め込まれているのを見せられる感じ。
前半は、lustがこの本のテーマなんかいな??と思わせられる部分もあったが、
最後は、それも生をつなぐ原動力だったかと腑に落ちる。
悲劇はたくさんあるけれどユーモアもあり、人生への肯定感が残ります。

そして昨日は、ご近所の田中さんの著作 「子どもを信じること」(大隅書店)、
出版されたばかりの本を、手に入れました。

わが家の子どもたちがお世話になっている 数理言語教室ば での
保護者向けの特別講座「子育て心理学」がきっかけとなって生まれた本だそうです。
私自身は講座には参加できませんでしたが、
参加した妹(2児の母)宅にはその日、慈愛に満ちた聖母が降臨したそう。コチラ→

昨夜夫が先に読み始めたので、私は順番待ち。
1/3ほど読んだ、途中の感想は、
事例が多く紹介されているので、とてもわかりやすく、おもしろい、そうです。


住宅設計工房OAKS 

2011.09.14 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

101ページ

お読みいただいているとのこと。ありがとうございます。

ちなみに、101ページに登場する、長男と出会ってコメントをくれる友人、はご主人です。

2008年の7月、アル○○ックの近くのビールの自動販売機前での出来事、私にとっては大きな支えになった、一言でした。

今も感謝しております。

2011/09/14 (水) 13:17:57 | URL | tanaka #N20eO.hU [ 編集 ]

Re: 101ページ

私はまだ、オアズケをくらっている状態ですが、
早く読んで早く「聖母」になりたいと、心待ちにしています。

> 101ページに登場する、

そうですか。
そう言えば、自動販売機前での話は、以前tanakaさんから直接お聞きした覚えがあります。
その時も意外な印象を受けたのですが、ご本にも登場するとは…。
じっくり読ませていただきます。

2011/09/14 (水) 16:04:41 | URL | k.watanabe #- [ 編集 ]

ウルトラマン級の3分のマリアではなくせめて三日はもたせたいものですね(笑
その時の感想は子供たちに聞いてみることにしますね。ふふふ。

2011/09/14 (水) 21:36:11 | URL | sakura #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

sakuraさん、

> その時の感想は子供たちに

昨晩Iと話していて(何の話題か忘れたけど)、
「子どもを信じなさい!本に書いてあるやろっ」と突っ込まれました。

まだ読んでいないのに…。

2011/09/15 (木) 11:37:23 | URL | k.watanabe #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。