スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

彦根城

土曜日。
久しぶりに釣りに行きたいけれど、シーズンにはまだ早い。
では、と親子三人で彦根城へ。 (こちら にも)

天守閣はなんと入場30分待ちだったので、
行列の苦手な私たちはあっさりあきらめて、彦根城博物館へ。
井伊家の武具や古文書、能面が展示され、江戸時代の能舞台もあります。

20110402表御殿 表御殿の復元 床の間


末っ子の戦国武将マンガに付き合ううちに、
私もいつの間にか、甲冑やら兜やらをおもしろいと感じて
見るようになってきました。

また、能にはこれまで、知識はおろか関心もなかったのですが、
照度をおとした陰翳の中で能面を見て初めて、
なんと深みのある表情をしているのかと、感じ入りました。
「能面のような」というと無表情を表しますが、
あれは違うのだなと。

駅からの帰り道ばったり会った友人は、偶然にも以前からの「能」好き。
彼女に今日の感想を話すと、
そのとおり、とても表情豊かなのだと語ってくれました。
首の角度を少し変えただけで、どんなに表情が違って見えるか。

そういう彼女も、最初の頃は途中で居眠りしたそう。
なんで居眠りするのに、また観に行こうと思うのか??
もっと詳しく聞きたかったけれど、分かれ道になってしまいました。

一度行ってみようと思いました。


住宅設計工房OAKS 

2011.04.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。