スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

イタリアワイン

イタリアワインの講習会、今年もまた参加してきました。

20110225地図

いつも、イタリア人ソムリエの話を聞いた後、何杯もグラスを空けて
食べてしゃべって笑っているうちに聞いたことはほとんど忘れて
「おいしかったなー」で、めでたく終わってしまうのですが、
一つだけ、忘れないうちにメモを。

---ワインの味、六つのエレメント。

1.あまみ(ドルチェ) 
2.アルコール(口の中がほかほかする感じ)
3.まったり(口の中にバターを塗ったような感じ)

以上の三つは、「やわらかい」カテゴリー。
次の三つは、「かたい」カテゴリー。

4.酸味
5.渋み(タンニン。口の中の水分がとられる感じ)
6.ミネラルのうまみ(岩塩など)

これらのエレメントのバランスがとれているのが、おいしいワインだそうです。

ソムリエいわく、
有機栽培の認証さえ受けていればよい、というのは疑問である。
生産者が、自分自身をrispetto(リスペクト)しているかどうか、
そして消費者をrispettoし、大地をrispettoしているかどうか。
人と人とのつながりが重要だと語っていました。
(たぶん。記憶がちょっとあやしい)

スパークリング、白、赤、デザートワイン、
合計7、8種類のワインを、いずれもグラスになみなみと注いでもらい堪能しました。

ワインの香りを言葉で表現するのが難しく、
これはバナナの香りだとか、正露丸の匂いだとか昆布だとか
卑近な表現しか出てこず、自分は香りに鈍感なのだなと気づかされます。

しかし飲みすすむにつれ「説明」はどうでもよくなり
人と人とのつながりの中でただ楽しく、やっぱり今回も
「おいしかったなー」


住宅設計工房OAKS 

2011.02.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。