スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

一週間

自宅のパソコンが絶不調につきご無沙汰しておりましたが、
1週間、それなりにいろいろと。

まずはデジタル一眼レフカメラを購入。
取扱い説明書を読んでいると、実に多彩な表現ができるようですが
使いこなすには相当の時間がかかりそう。

数理言語教室ば での、国立天文台研究員 岡本丈典博士による
「太陽講座」に参加。
太陽の黒点数が激減していること、フレアやプロミネンスについて、
太陽観測衛星「ひので」がとらえた映像を見ながら、一般向けに解説していただきました。

どれだけ理解できたのかは非常に心もとないのですが、
最前線の専門家の話を7、8人で車座になって聴けるというのは、
なんと贅沢なことか。
目には見えない磁場の話、時間的にも空間的にもスケールの大きな宇宙の話は
私には普段意識することのない遠いものですが、
リアルの丈典先生を介して、
少し身近に感ぜられるようになりました。
宇宙や人工衛星のニュースを見る目が、少し変わりそうです。

世界が、宇宙が、向うから、近づいて来てくれたような、
得がたい経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

そして、「子どもを信じること」 (田中茂樹さん著/大隅書店)を読了。

20110928本

まず巻頭から、印象的な言葉。

母親は子どもに去られるためにそこにいなければならない。
Mothers have to be there to be left.

私自身ちゃんと(naturalに)子どもと別れるために子育てしているのだという感覚が
以前からありましたが、この言葉を読んで、
自分はちゃんと「そこにいる」だろうかと自問し、足らないのを感じさせられました。

この本の目的は「子どもを信じる」、その具体的な方法を提案することだと、
はじめに著者は述べられています。
その方法はひとことで言うなら、「子どもに小言を言わず、やさしく接する」ことだと。
「子どもが家庭で楽しく過ごせること。子どもが自分を好きになること。
親も子どもと過ごす時間を楽しめること。
子ども時代をそのように過ごすことは、
生きることを好きになるためにとても大切なことだと思います。…」

おおいに共感。
でも実際に、小言(指示、命令、確認の言葉)を全くなくすのは、難しい。
ことに、TVのバラエティー番組を延々と(と私には思える)見続けているような時は。
「……明日テスト、やんなあ……?」
この「……」の間に、
(これは小言だ確認だ、でも言わないといつまで見てるんだろう、
でも我慢せねば、あーでももう無理)
と、イロイロ葛藤しているのですが結局、口に出てしまう。
(あー言っちゃった)
しかし、こんな母親にとっても救いになるのは、著者ご自身の、
親としての揺らぐ気持ちや過去の反省も、率直に表されていること。

飲み込もうとしても思わず出てしまう小言は、
親の価値観が、表層的なことから自由になれていないということなのでしょう。
本の中に、「親にできるのは自分が変わること」という章タイトルがありますが、
まさにそれしかないように思います。

読んでいると、自己反省させられる「痛い」ところもありますが、
何より、子どもと過ごす時間がいとおしくなります。
なかみのぎっしり詰まったこの本、
これからも反芻して消化していきたいと思います。


住宅設計工房OAKS 

2011.09.28 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。